対応が困難になる前に

診察

自治体によるサポート

自然治癒力によって治る怪我や病気は多いものの、精神病では難しい傾向にあります。双極性障害や統合性失調症では、妄想によって悪い方向に進んでいくことは珍しくありません。家族としては世間体などがあり、精神病である可能性を否定したい気持ちを抱きがちです。医療機関への受診が遅くなると対応が困難になる可能性が高いので、注意が必要です。精神病は診断後、薬物療法をベースに、心理社会的療法を組み合わせた治療が行われています。治療することで症状を抑えられますが、病気の中では再発率の高い種類に入ります。ですから、再発リスクを低くすることを重視して治療を進めるのが一般的です。ある研究によると、薬物療法だけを行った患者だと1年後に約30%が再発し、薬物療法と家族心理教育を併せて行った患者の再発率は約8%でした。家族心理教育だけを行っても再発率の低下は見られなかったため、併用するのが適切ということが分かります。なお、家族心理教育とは精神病に対する正しい知識や情報を学び、診断を受け入れがたい気持ちを緩和するための教育です。病気によって引き起こされる様々な問題に対処できるようになり、患者もその家族も楽に病気と向き合うことが可能になります。家族が秘密にしたり、本人が受診を拒否したりすることがある精神病は、社会から孤立してしまう可能性の高い疾患です。そこで、多くの自治体では、精神病の患者を早期から支援する取り組みを進めています。精神科を受診することに抵抗がある場合は、まず保健センターなどに相談するのも一つの方法です。保健センターなどには保健師や精神保健福祉士などが在籍しており、精神病に対してのアドバイスやサポートを行っています。地域によっては医師や看護師が在籍しているところもあるので、病気の診断も簡易的になら聞くことが可能です。保健センターなどでは、本人と医療機関を早期に結びつけることを目標にしています。本人が嫌がる場合は、家族だけが相談することもでき、面談が難しい場合は電話相談を、希望すれば訪問面談もお願いできます。引きこもりなどの状態になってしまうと、家族もできることが少なくなってしまうので、第三者に割って入ってもらうのが効果的です。それから、医療機関を受診し診断後に治療が始まってからも相談が可能です。治療についての相談はもちろん、社会復帰に対する不安なども相談できます。デイケア事業を行ったり家族会を運営したりする施設もあるので、世間から孤立している状況であっても、社会復帰や回復への道を示してくれます。

Copyright© 2018 診断結果で治療法が異なる精神病【治療に工夫が必要】 All Rights Reserved.