かかる前にやること

男性

やることについて

うつ、統合失調症、自律神経失調症などの精神病で病院にかかる場合には、たいていの場合、予約が要ります。病院によって異なりますが、だいたい一週間から二週間程度、初診までに時間が必要です。精神病を診断されることは難しくありません。医師に現在、困っていることや、身体に出ている症状、心の状態を伝えれば、診断がおります。もし、それまでに別な診療科などで精神病の疑いありと言われた場合には、紹介状を持っていきましょう。診断結果につながることがあります。そのほかに、これまで会社などで自分の心の健康を害した証拠などがあれば、医師にみせるとよいでしょう。医師の判断によって、どんな病名が付くのか変わってきます。病名によって薬も変わってきます。うつの薬なのか、統合失調症の薬なのか、自律神経を整える薬なのかはここで決まります。一番大事なのは、気軽に予約や質問などの連絡をすることです。その病院にとって何が必要なのか、何を用意してほしいのか、その他の情報もわかります。情報不足で迷っているのであれば、「こういった症状で悩んでいるのだけれど、そちらで診ていただけますか」と連絡をしてみるのがよいでしょう。保険証など、通常の病院にかかるときに必要なものは必ず持ちましょう。精神科も保険適用内の治療が多くあります。治療をしていく前準備として、問診票というものを書きます。この問診票を書くことで、自分がどんな精神病の症状に近いのかを探っていくことになります。これをもとに、医師との面談、診察が行われます。その際、自分が今どう辛いのか、どんなことが辛いのか、何をすると辛いのかなど、細かく伝えることが大事です。この診察で、大方の診断が下ります。精神病のひとつであると診断されたら、ここからは各病院によって工程がまちまちになってきます。例を挙げると、うつ病と診断されて認知のゆがみが見つかった場合、それらを整えるカウンセリングを行います。カウンセリングとは、医師の診断と治療方針に従って面談を重ね、自分を取り戻していく治療法のことを言います。カウンセリングの中にも、箱庭療法、認知療法などの治療のほか、ADHDなどの合併症が見つからないかを調べるIQテスト、自分の心の中を調べるロールシャッハ・テストなどが行われます。カウンセリングと医師の診察を何度も行い、効き目のある薬や効果的な治療法を探ります。効果が一番に出る治療法が見つかったら、それを行い、治療していきます。今の日本の精神科での治療は投薬とカウンセリングが主な方法です。信頼できる医師・カウンセラーに自分の身を預けることが大切です。治療は常に、病院と患者の二人三脚で行っていきます。

Copyright© 2018 診断結果で治療法が異なる精神病【治療に工夫が必要】 All Rights Reserved.